椎名のしなんしょ

ゲームの個人的なメモ

グラゼルネver3

ゼルネアス@ハーブ

マジシャ/ジオコン/ムンフォ/守る

信頼できるHSベースを使用しているが

立ち回り次第ではもっとCに割くことを検討。

他のアイテムも考えたが結局ジオコンに勝るものがサンルールにはないと思う。

 

ガオガエン@フィラ 

猫騙し/叩き落とす/フレドラ/蜻蛉返り

 

吠えるガエン入のグラゼルネを見るけどスカーフオーガ無償降臨などの裏目がメリット以上のデメリットだから弱いと思ってる。

 

 

グラードン@木の実or珠

断崖 地団駄 守る 炎p

 

ゴリ押しオーガが増えたきがしたので、チャンスの減った剣舞を外して単体地面の地団駄を採用。炎は抜いたら炎4倍勢が重いので何かしら採用した方がいいのかなぁ。(炎技以外なら岩技か空元気がおすすめ)

 

雑に火力出しに行ける珠か殴り合える木の実

 

カプテテフ@襷 

ショック ムンフォ 挑発 重力

 

重力テテフ+グラードンでの重力断崖に魅力されたので採用。

ドーブルとトリル意識で挑発が欲しかったので守るを切った。

ゼルネアス意識での初手ドータクン+ガオガエンみたいなのが来ることが多かったのでマッチしていた。

 

一応最速csで使用していたが準速csのが好み

 

カミツルギ@チョッキ

リフブレ スマホ 聖剣 叩き

 

ゼルネとオーガを甘く見すぎなので採用。

懸念のあったトリルオーガもテテフグラで無理やり潰せなくはなく、追い風展開のオーガのが増えたかなと感じたので受けつつ返すことを意識してADツルギ。

 

よく使われてる100族抜きのチョッキツルギの配分です(詳細忘れた)

 

フワライド@シード

追い風 鬼火 黒い霧 アクロバット

 

重力テテフ+グラードンをやる上で追い風が欲しかったので、浮いてる追い風要員+葉緑素より早く動けるポケモンを選択。

 

鬼火はテテフライド展開ではガオガエンを選出しづらいので、威嚇の代用として採用した。

個人的に催眠術を嫌っていたので鬼火を使ってるが催眠術のが勝率は多分上

 

黒い霧は元々攻撃技を叩き落とすにして日本晴れを採用していたが、落とした所で積まれる、指+ゼルネだと吸われる、加えて日本晴れしても恩恵が薄いので変更した。

 

クロバットは草タイプ意識

シャドーボールは対ルナ テテフ ミュウツーなどには有効な反面、ドーブルのHP1が削れないのがほんとに致命的だったので不採用になった。 ルナアーラ ミュウツーが重いならいいと思う。

f:id:kurono0103:20181030091026p:image

 

 

別ver 

テテフライド型では裏に交代がほとんどできないのと、追い風ルナアーラがしんどかったのと

本人がテテフライド下手すぎたので変更。

 

 

カプレヒレ@回復木の実

凍える風   黒い霧 自由枠 自由枠

 

S準速グラードン抜き 残りHD

 

ファイアロー@防塵ゴーグル

追い風 ブレイブバード 守る 自由枠

 

S 最速トルネロス+1 残りHA

 

 

フワライドに求めていた

1 浮いてる追い風持ち

2 葉緑素より早い

3 草に強い

4ゼルネアスに不利取らない

を全て満たしているファイアローを採用した。

 

ヒレは初手追い風から1枚落として裏の伝説を展開するような構築(テテフライドなど)や積みジガルデへ一定以上の対策となれるのを評価して採用。

 

技は選択肢が多いため悩みどころで、

確定枠が対追い風への遅延とs操作で使う凍える風+積み構築への対策となる黒い霧。

自由枠は重力、癒しの波動、自然の怒り、挑発、ムーンフォース、めざ炎、威張るなど...

 

僕は水ロトムやホウオウへの対策としての重力

と置き物回避のために癒しの波動を使うことが多かった。

 

 

 

ファイアローは展開用の追い風と1度とはいえルンパオーガや葉緑素を睨めるブレイブバードが確定。守るは猫騙しで疾風の翼が潰れるのを回避するため。自由枠は挑発と炎技で悩んだ。

 

 

 

 

f:id:kurono0103:20181015105253j:image

(青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢をみない ガチで面白いから原作共々よろしくです)

 

 

基本選出

グラードン+ テテフ

ゼルネアス+ガオガエンorカミツルギ

 

バランス型のグラゼルネ、イベル入、

ディアルガや日食ネクロのトリル展開

などの遅めな相手に対して使うことが多かった。

 

 

テテフ+ライド

グラードン+ゼルネアス(カミツルギ)

 

葉緑素採用の攻撃的なグラゼルネ

グラレシラム

追い風オーガ

などの押せ押せな相手に追い風で合わせる必要がある時に使っていた。

 

 

ゼルネアス+ガオガエン

グラードンカミツルギ(テテフ)

 

上の選出が無理そうな時は全部これ

 

 

ヒレアロー型

 

ヒレグラードン

ゼルネアス+ガオガエン(カミツルギ)

 

基本はこの5体の並びを変えて選出する

 

アローの役割対象に当たる構築に対しては

アローを選出する