椎名のしなんしょ

ゲームの個人的なメモ

vgc19 sun series グラゼルネ

グラードン

炎タイプが無くなりジオコン後のゼルネに殴りあえないのと天候とってもカイオーガ+1に殴り負けるのが弱い所。

→補うためにゼルネメタになりうるポケモン

1~2枠割きたい+オーガに圧のかかるポケモンに1枠(殴り勝てるorワイドガードで熱湯無しを封殺など)は必要

 

ゼルネアス

役割は序盤の荒らしか終盤のお掃除

メタが厳しいが要介護すればそれに見合う働きはする。

介護される上で耐久寄りのが安定するのと、技チェックなどに守るを使うので、こだわり系はあんま良くないイメージ。

→介護要因としてはドーブル ガオガエン

最低でも一体は必須レベル。

 

以上を踏まえて構築を組むことにした。

f:id:kurono0103:20180923161153j:image

 

 ver1環境初期 オーガネクロ意識

オーガ+日食ネクロ(ソルガレオ)ばっかだったからめっちゃ意識して考えた。

 

内訳は介護役1枠オーガメタ2枠ゼルネアスメタ1枠

 

グラードン@半回復の実

意地っ張り H196 A252 D60 (s実数値101)

断崖の剣/炎のパンチ/剣の舞/守る

 

調整

S実数値が低いのは最遅(85)にしたかったけど

そうすると無振りアマージョ(92)より遅くて非トリル展開で困るのでどうせならと101にした。

炎のパンチには納得いってないが命中安定の晴れ補正乗る単体物理技なので仕方なく。

剣の舞は初手ネクロガエンのトリル展開などに対して積むことでアドバンテージを握れたから。

 

ゼルネアス@ハーブ

臆病H172 B68 C12 D4 S252

ジオコン/マジシャ/ムンフォ/守る

 

調整

16ルールで使ってたHSゼルネの流用

普通

 

カプコケコ@スカーフ

寂しがり H4 A252 s252

ワイルドv/草結び/蜻蛉/自然の怒り

 

調整

いいsラインが分からず振りきった。

オーガ ルンパ ホウオウ意識の物理型

大半のオーガ確定でルンパ高乱数のワイルドv

グラコケコで怒り断崖ビートをするための自然の怒り。

 

アマージョ@半回復の実

意地っ張りH

フェイント/ウィップ/守る/とびひざげり

 

調整

確かオーガの潮吹き2耐えで木の実発動

無振りオーガ確定取れるウィップ

ゼルネメタになりうる(ナットディアルガなど)とガエンに刺さる飛び膝

守るやワイドガード割ったりと襷潰しのフェイントガエン襷カミツルギにめっちゃ便利

ヘイト買って狙われるから守る

 

ドータクン@ナモの実

勇敢 H252 A96 D160

ジャイロ/トリル/重力/サイチェン

 

調整

それっぽいの

展開用のトリル 置物回避のサイチェン 断崖補佐の重力 攻撃用のジャイロ

 

 

ガオガエン@半回復 

勇敢 H236 A36 D236

叩き/猫騙し/フレドラ/蜻蛉

 

調整

オーガのWダメたえて 最遅日食ネクロより遅いヤツ

けたぐりが欲しさあったが蜻蛉がある方が勝ちに貢献してると思ったので蜻蛉。

 

基本選出

 

グラードン+カプ・コケコ

ゼルネアス+アマージョ(ガオガエン)

 

オーガ+日食ネクロがガエンネクロかオーガ+1スタートで来ることが多かったので、それぞれに対応効く2体に猫封じ+オーガ用のアマージョ

ネクロさえ倒せば通りがちなゼルネアスの選出

ゼルネアスは取り巻き次第での選出

 

あとはトリル展開したいならコケコ→タクン

 

ゼルネスタートでのゴリ押しでは

ゼルネアス+ガオガエン

ドータクン+グラードン

 

あとは状況に合わせて刺さる一般枠の選択って感じで回してました。

f:id:kurono0103:20180923163140j:image 

 

ver2 ドーブルゼルネアス意識

9月中頃くらい?海外の大会の影響でドーブル増加、少し減り気味だったゼルネアスも復活。 グラゼルネが増えてきた。

僕は初手ゼルネvsゼルネは嫌いなので、初手グラでもゼルネドーブルと戦えてオーガに対しても意識を配れてる構築を目指した。

 

内訳は介護役1枠 ゼルネメタ2枠 オーガメタ1枠

スカーフオーガが体感減ったので自由度の低いコケコを解雇 

ドーブルゼルネアスの並びを確実に潰せて、追い風と前歯でグラードンのサポートができるクロバットを採用

 

クロバット@防塵ゴーグル

臆病 H252 S252

黒い霧 前歯 追い風 挑発

 

オーガメタの草枠に関しては基本的にはトリル下も考えて火力とサポートが両立出来てることからアマージョのままにしていたが、時々上振れ狙いで自由枠(介護役)扱いのドーブルと入れ替えていた。

こちらはルナゼルネやホウオウゼルネを回してる際にドーブルを使い続けていたら慣れたので採用していた。